※サイト改装中のため、一部ページで表示崩れがあります※

フードプロセッサーとしても優秀なハンドブレンダー「Vitantonio VHB-20」レビュー

2020年から夫婦揃って在宅勤務メインになり、自炊の頻度が回数がぐっと増えたのを機に、ずっと欲しいと思っていたキッチン家電を購入しました。

購入したのは、Vitantonioのハンドブレンダー VHB-20 という商品です。

約1年使用していますが、「もっと早く買えば良かった…」と後悔するほどいい商品でしたので、今回レビューを書きたいと思います。

この記事をオススメしたい方
  • ハンドブレンダーの購入を悩んでいる
  • フードチョッパーを購入したいが、かさばるので購入に至っていない
  • キッチンが狭いので、なるべくコンパクトに収納したい
目次

ハンドブレンダー「Vitantonio VHB-20」購入までの経緯

きっかけは「自炊を楽しく・効率化したい」という気持ち

ハンドブレンダーの購入検討の一番のきっかけは、「自炊をもっと楽しく・効率的にしたい」と思ったことです。

料理は元々好きな方なんですが、手の混んだ料理はあまり得意ではありません。

そしてズボラなので、美味しいごはんをとにかく「楽して」作りたい。

どうすれば、自炊をもっとを楽しく・効率的にできるのか?

これを軸に、生活スタイルや自身の性格に合うものを考えた結果、作業を効率化できるようなキッチン家電を導入してみることにしました。

導入するキッチン家電に求める条件

後悔しないために、まずは購入条件を洗い出しました。

キッチン家電に求める条件

  1. 面倒な「下ごしらえ」が楽になる
    特に「きざむ」作業
  2. 1台で何役もこなせる
    フードプロセッサー、ミキサー 等
  3. 洗いやすい
    ズボラには必須条件
  4. かさばらない・扱いやすい
    キッチンが狭いので出しっぱなしNG
    → 重すぎたり、出し入れが面倒なものは除外
  5. お手頃価格
    〜¥10,000 位を一つの目安に

色々と調べた結果、購入条件に一番当てはまった「ハンドブレンダー」を購入することにしました。

ハンドブレンダーとは?
スティック型で、アタッチメントを交換することで「つぶす」「まぜる」「きざむ」「泡立てる」といった複数の操作を1台でこなせるキッチン家電です。
本体のモーターのパワーや、付属のアタッチメントの内容によって価格が変わります

りりー

アタッチメント部分をお鍋やボールなどに直接入れて調理することができるので、洗い物を減らすこともできるのも高評価ポイント。

ハンドブレンダー「Vitantonio VHB-20」オススメポイント

「Vitantonio VHB-20」を実際に購入・使用してみて、オススメしたいポイントを 5つ ご紹介します。

ポイント①:コンパクトで「かさばらない」

このハンドブレンダー、とにかくコンパクトでかさばりません。

【フードプロセッサーとしても優秀】ハンドブレンダー「Vitantonio VHB-20」アタッチメント収納

アタッチメントが先端交換タイプになっているので、コンパクトに収納できます。

本体カラーとおそろいの専用ケースが付属しているので、なくす心配もありません。

これは、「泡立て」のアタッチメントがバルーン状ではなく円盤状だからこそ実現できたコンパクトさなんだな…と感動しています。

「きざむ」のチョッパー(アタッチメント)は大きめですが、「ぶんぶんチョッパー」とさほど変わらない大きさなので、そこまで気になりません。

(下の写真、奥の丸いものがチョッパーです)

【フードプロセッサーとしても優秀】ハンドブレンダー「Vitantonio VHB-20」レビュー 無印良品PPボックスへの収納
高さはオーバーしていますが、縦×横はぴったりです

私は本体と付属品を、「無印良品 ポリプロピレンメイクボックス」に収納して、使うときだけさっと取り出して使用しています。

ポリプロピレンメイクボックス 約150×220×169mm | 無印良品

りりー

コンパクトに収納できるので、1人暮らしなどキッチンの収納が少ないご家庭でも導入しやすそうです。

ポイント②:女性でも扱いやすい「サイズ感」

ブレンダーはスティック型で、「握って操作する」キッチン家電です。

そのため、本体の重さや握りやすさ(操作のしやすさ)が、使いやすさに直結します。

Vitantonio のブレンダーは女性でも握りやすいサイズ・重量なので、かなり扱いやすいです。

調理時間が長めのお料理でも、握りやすいおかげで疲れにくく感じます。

重量:470g
グリップ部の太さ:38mm
直径:43mm

Vitantonio ハンドブレンダーVHB-20 公式ページ
りりー

重量も重すぎず、しっかり握り込める太さ。
小さめの手の私でも、無理なく扱えます。

Amazonで一番人気の「ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック7」の本体重量は、約890g。「Vitantonio VHB-20」の約1.5倍の重量があります。

ポイント③:ON/OFF や パワー調整など「操作が簡単」

本体についたスイッチを押すだけで、ON/OFFを切り替えることができます。

ちょうど握った指のあたりにスイッチがくるので、握ったままサッと操作することができるので、作業中の握り直しが不要です。

パワー調整は、本体トップにあるダイヤルで1〜8の8段階で調整可能。

調理する食材や調理内容、作業する時間帯に合わせて細かく設定できるので、とても便利です。

握る強さでパワー調整をするタイプのハンドブレンダーもありますが、ダイヤル式の方が毎回安定して同じ強さで調理できるので便利です。

りりー

握る強さでパワー調整をするタイプのハンドブレンダーもありますが、ダイヤル式の方が毎回安定して同じ強さで調理でき使いやすいと判断しました。

ポイント④:シンプルな構造で「洗いやすい」

付属の容器 または チョッパーに洗剤を数滴たらし、ブレンダーのスイッチをONにするだけで、下洗いが簡単にできちゃいます。

シンプルな構造で解体も簡単なので、手洗いする場合でもとても洗いやすいです。

りりー

洗うのが面倒になると使うのが億劫になってしまうので、洗いやすさはとにかく重要です。

フードチョッパーは歯が鋭いので、手洗いが不安な方はスプレータイプの食器用洗剤がオススメ。

さっとスプレーして1分程放置して流すだけなので、とても重宝しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事がいいと思ったらよかったらシェア!

コメント

コメントする

目次
閉じる