※サイト改装中のため、一部ページで表示崩れがあります※

【時短美容】手間もお金もかけない!ものぐさフェイスパックのすすめ

フェイスパックしたいけど、毎日するにはコスパ的に厳しい…

こんなお悩みをお持ちの方へ。

今回は、手間もお金も時間もかけたくない、ものぐささん向けのフェイスパック方法をご紹介します。

結婚式の時に披露宴会場のメイクさんに教えていただいた方法を、より楽するためにアレンジした方法ですが、お手頃価格で調達できる道具で、毎日のフェイスケアが楽にすることができました。

目次

はじめに

私はかなりのものぐさで、お風呂上がりの保湿も手に出した化粧水を顔にさっと塗る程度。

肌トラブルが少ないということもあり、スキンケアはかなり手を抜いていました。

時折スキンケア熱が上がり

「パックしたい!ぷるぷるのお肌を手に入れたい!」

と思い色々試してみたのですが、ドラッグストアで販売している大容量のパックなどは、満足に使えないことがほとんどでした。

(ちゃんと調べれば使えるものもあるはずですが、ズボラなのでそこまではしたくない…)

りりー

肌に合うパックがないから仕方ないよね〜
自分の肌に合うものがあれば頑張ろうかな〜

などと言い訳をして、お手入れをサボっていました。

きっかけは、結婚式のヘアメイクさんからの一言

そんな私が昨年結婚式を挙げた際、ヘアメイクさんとの事前打ち合わせでのこと。

肌状況を診ていただいたところ、 乾燥しているとのご指摘をいただきました。

ヘアメイクさん
乾燥していると化粧崩れが起きやすいので、しっかりと保湿してくださいね!

とても話しやすいヘアメイクさんだったので、「ドラッグストアで売っているパックを使うとピリピリしてしまう」といった相談をしてみたところ、こんなアドバイスをいただきました。

ヘアメイクさんからのアドバイス(概要)
  • 保湿がとにかく大事
  • 化粧水>>乳液
  • 化粧水はたっぷり使う
  • パックできると◎ → コットンパックでも効果あり
  • コットンをヒタヒタにする時、化粧水に水道水をちょっと足してもOK
りりー
コットンパックなら私にもできるかも…

ヘアメイクさんの言葉を信じ、結婚式に向けてものぐさな私でも続けられそうな保湿方法を探すことにしました。

「ものぐさフェイスパック」の商品選定基準

高すぎたり、面倒が勝ってしまうと続けられないと考え、以下の基準で方法を検討しました。

  1. ピリピリしない
  2. コスパがよい
  3. 調達が楽
  4. 片手間に違う作業ができる

1. ピリピリしない

これが一番重要!

きれいなお肌を手に入れるためのパックで、ヒリヒリしたり赤くなったら本末転倒です。

自分の肌にお肌に合い、長く続けられるものを選ぶことを最優先にしました。

2. コスパがよい

毎日気兼ねなく続けられるよう、100円/回以下を目安にしました。

時にはお高めのパックで贅沢気分を味わうのも素敵だな〜と思います。

が、今回の目的は「毎日気軽に続けられる」ことなので、お安ければお安いほどよしとしました。

3. 調達が楽

毎日気兼ねなく続けるために、買い直しもしやすい = 調達が楽であることも重要です。

  • ドラッグストアの他、amazon、楽天など購入可能店舗が多い
  • 店舗での取扱数が多い(品切れになりにくい)
  • 代替品が探しやすい

4. 片手間に違う作業ができる

下を向いて落ちてくるパックにイライラしたり、長時間つけすぎてカピカピになってしまったり…

パックの時間はさほど長くないとはいえ、気を遣うことが多かったフェイスパック。

  • パック中の時間を有効活用できる
  • 作業時にパックの剥がれや液垂れが気にならない

少しでもパックするハードルを下げるために、上記ポイントも重要視しました。

「ものぐさフェイスパック」で使用するもの・手順

選定基準をみたし、ついにたどり着いた「ものぐさフェイスパック」の具体的な手順をまとめます。

使用するもの

  • 無印良品 はがせるコットン
  • 無印良品 しっとり化粧水(敏感肌用)
  • 無印良品 導入化粧水
  • シリコンパック
  • ヴァセリン
  • 水道水

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事がいいと思ったらよかったらシェア!

コメント

コメントする

目次
閉じる